トップページ

翻訳会社ってどうなの?

翻訳会社というのは、語学が堪能な社員スタッフが翻訳を請け負うというスタイルをとる会社もあります。しかし一般的にはフリーの翻訳者と契約を結び、翻訳を依頼するというスタイルの会社が多いのが現実です。

翻訳会社には依頼者から翻訳を受注する営業スタッフ、仕事を翻訳者に受注するコーディネーターと呼ばれる翻訳者の担当者、翻訳会社に登録しているフリーの翻訳者、更に翻訳文書を校正するチェッカー、文章のレイアウトなどの編集作業を行う編集者から成ります。

タイピングが早ければテープ起こしだけでもOK!

英語翻訳でのテープ起こしのお仕事はかなりの高収入となりますが、どこかの大学やどこかの教授の論文といった学術的で難しいモノが多いです。それに比べて一般人のインタビューのテープ起こしは非常にカンタンな内容の物が多く、録音音声の聞き取りさえきちんとしている音声ファイルであれば在宅ワークの主婦であっても難なくこなすことが出来るでしょう。

ビジネスインタビューよりも報酬単価は低めですが、一般的なインタビューのほうが面白いネタも多数含まれているので人気ですね。

こちらのみんなのインタビューというサイトでも募集しているようなので一度目を通してみるのもオススメです。

インタビューデータのテープ起こしスタッフ募集中 | みんなのインタビュー

これから翻訳会社へ頼む前に見ておこう!

サービス内容について

イメージ画像

翻訳会社にはよりスムーズに依頼ができるように、また依頼人の要望に柔軟に対応・・・詳細はこちら

料金ってどうなの?

イメージ画像

翻訳にかかる料金は統一されておらず、様々な要素により異なります・・・詳細はこちら

納品期限について

イメージ画像

納期は、翻訳量や翻訳文書のレベルや言語、納品形態などにより異なります・・・詳細はこちら

品質は問題なし?

イメージ画像

専門用語をきちんと理解し、正しく読みやすい文章で翻訳されるかという点が重要・・・詳細はこちら