トップページ > もっと生きた英会話を勉強すべき

もっと生きた英会話を勉強すべき

"日本の英語教育では生きた英会話ではなく、文法などに重点を置いているので、いくら勉強をしてもそれで英語で会話が出来るようになるということは、まずないと思います。
なので私はもっと使える英会話を、教育の現場に取り入れたほうが良いと思います。
またもっと外国人と接する機会を多くするべきだとも思います。日本の英語教育では、日本人の先生がわかりやすく英語を話してくれるのでなんとか聞き取りができますが、実際はもっと早口だったりしてなかなか聞き取りも難しいと思うので、そういったものに慣れるよう、外国人が話す生の英語を聞く機会をもっと作ってほしいと思います。
英会話というのはある意味度胸さえあれば、多少英語が苦手でも伝わるものだと私は思うので、直接外国人の方と話すことで、度胸もついてくると思います。
そういったことで、今現在の英語教育はあまり意味がないのではと思います。私も中、高と英語は習ってきましたが、ほとんど身についていません。"