トップページ > 英語教育について思うこと

英語教育について思うこと

"日本では、小学校から英語の授業が開始され、英語の重要性を国がハッキリと示している。

しかし、小学校、中学校、高校、大学と何年も勉強しても喋れない状況は、変わっていないようである。

海外に行くと、半年後には聴き取れるようになり、一年後には日常会話レベルは出来るようになるという。

実際に高校の時に、留学生が日本に来ていて、同じように日本語を学んでいたが、一年くらいすると何気なくしゃべっていたのが、とても印象的でした。

英語力が必要で重要なのは日本国であって、個々は、英語が出来るにこしたことはないが、生活に必要ではないということを、まず学校で教師が教えるところからが、本当の教育ではないでしょうか。

今でしょ!で有名になった講師の言葉はスゴイ説得力のあり、聞いている生徒が納得して、聞き入れてくれる。

だから、勉強の話しも聞き入れてくれる。

日本国はまず、国会から改善していく必要がありそうです。

このまま英語が重要だから勉強しなさいよ、では、子供達も、大人たちも聞き入れてはくれないでしょう。

荒れ狂う世界を乗り切る力をつけさせる教育をして行きましょう。"

すぐに借りられます!2万円借りるだけでもOK!信頼度の高いキャッシング一覧♪