トップページ > 英語を社内公用語にすることに賛成

英語を社内公用語にすることに賛成

"わたしは英語を社内公用語にする会社はとてもよいと思います。もちろん、小さな中小企業や零細企業で、この際海外の企業や人材を必要としていない会社であれば、英語を社内公用語にすることはあまり効率的だとは思えませんが、大企業だったり、外資系の企業だったり、今後海外の会社との取引や海外出身の従業員と一緒に働く機会が増えるような職場であれば、すぐにでも英語を社内公用語にして、社員に英語を学ばせたほうが賢いように思います。

わたしは独身時代、外資系企業に勤めていました。そこでは海外とメールや電話でのやりとりがありましたが、ほとんどの社員は英語が話せず、一部の帰国子女や英語を得意とする人だけが英語で会話するような形でした。

しかし、その会社はどんどん上司が海外出身の人になっていったり、従業員が海外出身だったりしていったわけで、彼らに日本語を学ばせるよりも、ずっと仕事をそこでしている日本人の従業員が英語を話せたほうが効率的だということがわかりました。それで、会社では毎年TOEICのテストを社員に受験するようにしていました。

英語を使う会社では、決まった人だけが話せればいいだけでなく、その人がいなくても、誰かがコミュニケーションが取れるように、英語を社内公用語にするとよいと思います。"