トップページ > 英語への構えは幼いうちになくす

英語への構えは幼いうちになくす

"賛否両論ありますが、英語教育は小学校1年生から義務付けた方がいいと思っています。
30代の私は中学生から英語の授業が始まりました。私自身英語が好きで、貿易関係の仕事にまで
つきましたが、得意なのはやはり日本人にありがちな読み書き中心です。

一番の問題は、英語を話すことの羞恥心です。日本は島国ですから観光客はいるとはいっても
ヨーロッパや諸外国に比べたら外国人はいまだに構えてします人が大多数です。
その「構え」をなくすには、やはり小さいときから外国人は怖いという先入観を持たせないことです。

小さな子供に英語教育すると母国語のボキャブラリーが疎かになると憂う意見もありますが、子供の
習得力を考えたら心配する必要はないと思っています。
日本人として国語は国語で力を入れればよいだけの話です。

まず英語への構えをなくすことからはじめ、話すこと、聞く事を重点におく、読み書きは4年生くらいからでも
十分だと考えます。

言葉は理屈で覚えようとすればするほど苦労します。何十年も同じ教育を行ってきた日本はいい加減気づいても
よいと思います。知識を習得してもそれを使いこなせなければ、習得していないことと同じなんだと思います。


"