トップページ > 取扱分野について

取扱分野について

翻訳サービスでは、様々な分野の取扱いがあります。まず一般ビジネス分野では、ビジネスレターや挨拶文、メールなどからパンフレットや広告、企画書やプレゼンの資料、報告書などがあります。更に法律分野では売買契約や業務契約、ライセンス契約や雇用契約などの各種契約書、判決文や示談書、不動産登記謄本などから戸籍謄本などの各種証明書などが扱われています。

また、IT・情報通信分野ではコンピューターソフトウェアの言語やOS、ハードウェアのモデムやルータ、通信ネットワークのセキュリティやプロバイダ、画像処理や音声認識などマルチメディア関係などがあります。金融・財務分野では、銀行や為替、保険などに関する契約書や規約、投資関連のレポートや財務諸表や監査などに関する書類などになります。技術分野では測定器などの精密機器や電子部品の金属などの資材、検査機器などの医療機器や携帯電話などの情報通信機器などがあります。

そして医薬分野では内科や外科などの医学全般に関する書類や論文、新薬開発関連の申請書類などがあります。特許・知的財産分野では特許出願関係や著作権、意匠登録関係など、ゲーム・漫画分野ではゲームソフトや漫画の単行本などになります。他にもエネルギー・環境分野では石油などの資源に関するもの、温暖化、環境汚染などに関する規制や報告書、関係機関への申請書などが挙げられます。

このように翻訳分野は多岐に渡りますが、各翻訳サービス会社によって取扱い分野や得意分野が異なるので依頼する際によく確かめることが大切です。