トップページ > 翻訳会社のしくみ

翻訳会社のしくみ

翻訳会社というのは、語学が堪能な社員スタッフが翻訳を請け負うというスタイルをとる会社もあります。しかし一般的にはフリーの翻訳者と契約を結び、翻訳を依頼するというスタイルの会社が多いのが現実です。

翻訳会社には依頼者から翻訳を受注する営業スタッフ、仕事を翻訳者に受注するコーディネーターと呼ばれる翻訳者の担当者、翻訳会社に登録しているフリーの翻訳者、更に翻訳文書を校正するチェッカー、文章のレイアウトなどの編集作業を行う編集者から成ります。

営業スタッフは、依頼人からヒアリングを行い納品形態や予算など条件や要望などを丁寧に、的確に聞きだしてまとめます。コーディネーターは、依頼内容を把握して依頼に適した翻訳ができる翻訳者を選び出しスケジュール調整などを行います。翻訳者は依頼人の要望に添えるよう翻訳業務を行い、チェッカーは完成した翻訳文についての漏れや文体、表現などが適当であるかなどをチェックします。一般的にコーディネーターとチェッカーは、語学力がある程度身についている人が多いようです。

また最近では翻訳者が登録して料金や実績、資格などを公開し直接依頼人が翻訳者に依頼する翻訳サービスサイトもあります。一般の翻訳会社のようにチェッカーやコーディネーターを介さない分料金は割安になっていたり、翻訳者と値段交渉することも可能ですが、やはり翻訳会社に依頼する方がより質の高い翻訳が期待できるといえます。