トップページ > 翻訳者について

翻訳者について

翻訳の良し悪しは翻訳者の能力やスキルによって決まるといってよいほど、翻訳を依頼する際にいかに優秀な翻訳者に出会えるかがポイントとなります。翻訳会社から依頼されて翻訳業務を行う翻訳者は、レベルやタイプなど様々です。現実として、翻訳者の人数をそろえるために能力や経験などをよく調べないで登録しているという会社もあります。しかしやはり翻訳会社の信用に関わるため、翻訳者に高いスキルを求め、登録時にトライアルを行ったり過去の実績を提出させているところもあります。更に世界数ヶ国にネットワークを持っていてネイティブの翻訳者を採用し、経験の浅いビギナー翻訳者を使っていないという高い翻訳能力を武器にしている会社もあります。

一般的に翻訳者の経歴としては、留学やワーキングホリディなどの経験があり専門語学が堪能であったり、英検準1級や1級、TOEICでハイスコアをもつという語学に関する資格を有する人もいます。そして金融分野であれば、過去に外資系の金融会社で長期間の勤務経験があったり、特許関係であれば弁理士の資格を有して特許に関する知識が豊富であったりと自分の専門分野を持ち、各得意分野に関する専門知識に長けているという翻訳者もいます。翻訳者はただ語学力があるだけでは依頼人の要望にそった翻訳はできません。専門分野に精通していることでより質の高い翻訳ができるといえます。広い分野をある程度オールマイティーにこなすという翻訳者もいるかもしれません。優秀だと思われがちですが、広く浅くしか専門分野に関する知識がないということになるのであまりおすすめしません。

理想的な翻訳者というのは、自分の専門分野に関して豊富な知識を持ちかつ語学が堪能で翻訳能力にも長けているという人だといえます。翻訳者のプロフィールや過去の実績などを調べて確認することが大切です。