トップページ > 海外への修学旅行!

海外への修学旅行!

"高校の修学旅行が、海外へと向かうものでした。

私にとっては海外進出は初めてのこと。
同級生も海外へ出たことのある人はほぼおらず、みんな一様にわくわくとした面持ちでした。

向かった先はハワイ。
ハワイの歴史的背景に関係ある場所へ向かったり、真珠湾の記念館で戦争に対する認識を深めたり、現地でのつたない英語を駆使しての買い物等、刺激になることが盛りだくさん!……のはずだったのですが……私だけは、そういうわけにはいきませんでした。

長い移動距離による疲労。
ベッドが足りず、あとで簡易ベッドがくるからと言われ、名前順だけで決まったあまり仲良くないほかの子に備え付けの方のベッドを譲ってともいえず寝れない。
そして、がんっがんに効かされたクーラー。

これらの要因で、私は修学旅行の醍醐味を味わうことも叶わず、高熱でぶっ倒れることになりました。

しかし、修学でない旅行は、私が一番楽しんじゃったかもしれません。
一人だけ海外の病院に行き、自分の理解できる医療系の英単語がないか探してみたり、
別のクラスにいた知的障碍者の子とその引率の先生につれられて水族館を見学したり、
お土産を買えなかったから、当時の担任と先にあげた障害のある子とその引率の先生に連れられて、夜のハワイでお土産を探したりしました。

何かあったらいけないからと、ほかの生徒は夜出歩くのは禁止だったのです。
大道芸人が立ち並び、昼とは違った賑わいを見せる通りは「きっと私はこの光景を見るために風邪ひいたんだろうな」と何となく思うぐらいに華やかなものでした。

結果的に、良い悪いはトントンぐらいだったと思います。


最後に、その旅行で一番明確に学んだことを。

旅行は一人か、本当に仲のいい人と行くに限ります!"