トップページ > サービスの流れ

サービスの流れ

翻訳会社を利用する場合、依頼から納品までどのような流れになるか把握しておきましょう。まず、翻訳を依頼する翻訳会社を決めます。依頼先を決める際には品質や料金、サポートシステムなど様々なポイントがありますが、満足のいく仕事は依頼できる会社を慎重に選ぶことが大切です。

翻訳会社が決まったら、早速電話やメールで問い合わせ、依頼する原稿などの媒体を提示します。担当者からのヒアリングで要望や予算などを伝え、打ち合わせを行います。更に翻訳案件の見積もりを依頼し、提示された見積もりや納期などの翻訳条件で納得できれば正式に翻訳依頼を発注します。発注の際には発注書や機密保持契約書などを作成します。

翻訳の正式依頼をうけたら、翻訳サービス会社では翻訳案件に最適な翻訳者やチェッカーなどのスタッフを厳選し、スタッフミーティングが行われる場合があります。スケジュール調整や翻訳条件の確認、各スタッフの役割決定などを行います。

早速翻訳者が作業にとりかかりますが、翻訳案件に関する専門用語などをピックアップしてリストを作り、依頼人に確認するという手順を取り入れている会社もあります。そして翻訳者が仕上げた翻訳文書をチェッカーが校正し、品質チェックが完了したら依頼人に納品します。更に納品された翻訳を依頼人のほうで確認し、満足いかない場合は再度修正依頼がなされる場合もあります。双方が仕上がりに満足した時点で、料金の支払いを行うという流れになっています。

30歳を超えてからの派遣会社求人に応募するのはどうかな?