トップページ > 死語が多い日本の英語。

死語が多い日本の英語。

"日本の英語教育は、とにかく定型通りというか、堅苦しい表現が多いと思います。
すなわち「日常的」ではない。
いまだに「How are you?」の返しが「I'm fine, thank you」と教えている教科書がほとんどだと思いますが、ネイティブの方々はほとんど使いません。
まれにレストランなどで礼儀正しく返す時に使うようですが、日常会話では「I'm pretty good」とか「Not bad」とか、言い方は様々です。
また自己紹介で使う「My name is~」、これもほとんど使わないようですね。
とても堅苦しい言い方のようです。
軽く名前を聞かれたときなどはむしろ「I'm~」を使います。
こういったことを私も大人になってから初めて知りました。
文法なども大切なのかもしれませんが、まずは教科書から外国の方々が普段使っているフレーズを取り入れいるように変わってほしいと思います。
そして小さいうちから「英文法」ではなく「英会話」に慣らすことが必要だと思います。
単語を覚えるのではなく、ネイティブの言い回しを丸暗記して口にすることが会話の早道です。
それは赤ちゃんが日本語を習得するのと同じ方法です。
幼稚園など、できるだけ小さいうちから外国の方と定期的に触れ合う機会がもてれば、それが一番良い方法だと思います。"