トップページ > 日本の英語教育の問題点

日本の英語教育の問題点

"私は学生時代には筋金入りの英語嫌いで、大人になってからある程度の英語ができるようになりました。
その経験から言いますと、日本の英語教育は問題点が多いと思いますし、英語嫌いを増やしていると感じます。
まず、完璧な文法を求めすぎています。
口語体のような気楽な言い方などは、間違いとして切り捨てていますね。
これは、実際に話す機会があっても、間違いを恐れて萎縮してしまうといった事を助長していると思います。

また、圧倒的に英語を読む機会が足りないと思います。
教科書を一文一文和訳しながら意味を解読する、と言うようなやり方では、本を一冊読むにも膨大な時間がかかります。
翻訳家を育てるならともかく、和訳よりも英語をそのまま理解することに重点を置く方が効果的でしょう。

英語の上達方法としては、まず何と言っても基礎となる単語を覚える事だと思います。
英語は文書で使われるのに比べ、会話で必要な単語はさほど多くありません。
単語が分かればリスニングでも聞き取れるようになってきますし、内容も分かるようになってきます。
どうしても必要なレベルの文法、そして基礎となる単語を覚えたら、後は場慣れして行く事が上達への一番の近道だと思います。
"