トップページ > 英語に正解はないものと思って

英語に正解はないものと思って

"私はアメリカの企業に勤めていました。
社長はチャイニーズ・アメリカンで、英語のアクセントもかなり癖があってかなり聞きとりにくかったです。
同じ会社の外人に、「社長の英語分かるなんてさすがネイティヴだね」と言ったところ、「実は分かりにくくて苦労している、疲れているときは一瞬何を言ってるか聞き取れないこともある」と言っていました。
ネイティブ同士でもそうなのですから、日本人の英語がクセがあって当たり前だと思うのです。
あとは堂々と大きな声で自分の言いたいことを述べれば良いのです。
文法よりも発音のメリハリがきちんとしていれば、相手がこちらの言いた事を理解してくれます。
単語一つ一つ、ABCをきちんとした発音をすること、それが英語上達のコツです。
"